Replicant Labyrinth (ver. 2.0)

2002年7月にスーパードルフィーという60センチサイズの球体関節人形のドールオーナーになりました雪野繭です。ブログの内容は人形写真がメインです。今はCanonさんのEOS R5でドールさんたちの写真を撮っています。どうかよろしくお願いします。

きっと、私があと5年間で現在のドール遊びを、

消滅させる方針を決めたことを、怒っていらっしゃるのでしょう。

確かに今のメンバーは、私が苦労して揃えただけあって、

ベストに近いです。

これを時限爆弾でも爆発させるように消してしまうのは、

決して許されることではありません。

「もう1度、再考を。」という、お言葉を直接にいただきました。


恋夢さんはドール世界で私の目となり、耳となり、

みんなの考えを聞き集めています。

おそらく幹部の4人が再考を促しているのでしょう。

ですが、私が急死した時は、

ドールさんたちはゴミのように扱われると思います。

出来れば、その前に里子に出すことで、

みんなの尊厳は守られると、私は信じています。


もっとも、一日でも長くドールさんたちと生活をしたいという希望は、

微塵も揺らいではいません。

もう私とドールさんたちは、家族同然のような関係なのです。

それを今になって覆すのは、重大な背信行為です。


私と恋夢さんが意見の違いを見せるのも、今回が初めてです。

とてもデリケートな問題なので、恋夢さんの意見を再度、

聴取して、話し合いを続けるつもりです。

165A1124
165A1125
165A1126
165A1127
165A1129
165A1130
165A1131
165A1132
165A1133
165A1134
165A1135
165A1137
165A1138
165A1139
165A1140
165A1141
165A1144
165A1145
165A1146
165A1147
165A1148
165A1149
165A1150

EOS R5・RF 70-200mmm F2.8・スーパードルフィー・SDミシェル・SDGr少女ボディ(恋夢さん)

うちは意外と大所帯です。

でも派閥とかはなくて、みんな仲良く暮らしています。

私は社会に出てから、大きく遠回りをして生きてきたせいか、

いつもドールさんたちの仲の良い暮らしぶりには興味を持っています。


懐記さんには、ドールとしての「華」があります。

これは生まれつきのもので、

本人は気付いていないかもしれませんが、天性のものです。


私はまた一歩、ドール世界の深淵に落ちて行くような、

そんな予感がします。

DSC00208
DSC00209
DSC00210
DSC00211
DSC00212
DSC00213
DSC00214
DSC00216
DSC00217
DSC00218
DSC00219
DSC00222
DSC00224
DSC00225
DSC00226
DSC00227
DSC00228
DSC00229
DSC00230
DSC00232

α7CR・FE 135mm F1.8・スーパードルフィー・SD95番ヘッド・美白SD少女ボディ(懐記さん)

今年の春先から急に穂野香さんと対話をする時間が増えました。

コンパクトカメラのα7CRのテスト撮影以来、

色々と私が質問を連発するので、ちょっとうるさがれているくらいです。


私の価値観では理想の造形をしたドールさんです。

特に目の開口率が素晴らしくて、絶妙です。

何かを語りかけているようで、伏し目がそれを隠してしまいます。

謎の多い子です。

私を夢中にさせるだけの魅力を備えた子です。

DSC00281
DSC00284
DSC00285
DSC00286
DSC00287
DSC00288
DSC00289
DSC00290
DSC00291
DSC00292
DSC00293
DSC00294
DSC00295
DSC00296
DSC00297
DSC00298
DSC00299
DSC00300
DSC00302
DSC00304
DSC00305
DSC00308
DSC00309
DSC00307

α7CR・FE 135mm F1.8・スーパードルフィー・SD眠ちよ・SD91番ヘッド・美白13SD少女ボディ(穂野香さん)

仔細あって、潤鵺くんのグラスアイを交換してみました。

この子は基本として、薄紫系のグラスアイの方が似合うのですが、

ここは敢えて冒険をしてみました。


私の感想としては、半分は成功、半分は失敗です。

でも、自分に嵌められた枠を破るのは大変なことです。

とても勇気が必要になるからです。


潤鵺くん、キミとはこれからも同じ想いを、

共有しながら生きていかなければなりません。

どんなときにも勇気を持ちましょう。

いつも前を向いて。そして胸を張って!

DSC00256
DSC00257
DSC00259
DSC00260
DSC00262
DSC00263
DSC00264
DSC00265
DSC00266
DSC00267
DSC00268
DSC00269
DSC00270
DSC00271
DSC00273
DSC00274
DSC00275
DSC00276
DSC00277
DSC00278
DSC00279

α7CR・FE 135mm F1.8・スーパードルフィー・SD65番ヘッド・美白SDGr少年ボディ(潤鵺くん)

SD少女の懐記さんが加わったため、

若菜さんのボディサイズと同じ子が5人に増えました。

私の世帯は大きいサイズの女の子が、幅を利かせていて、

小柄なSD少女は出番が少ないのが欠点です。

でも可愛さという点では、決して劣るわけではありませんので、

これからも活躍してもらいたいところです。

165A4066
165A4067
165A4068
165A4069
165A4070
165A4071
165A4072
165A4073
165A4074
165A4075
165A4076
165A4077
165A4078
165A4080
165A4081
165A4082
165A4083
165A4084
165A4085
165A4086
165A4087
165A4088

EOS R5・RF 70-200mmm F2.8・スーパードルフィー・SDまい・SD81番ヘッド・美白SD少女ボディ(若菜さん)


今年1月1日の能登半島大地震を受けて、

うちの少年ドールを7人体制にする増員計画が承認されました。

そこで急遽オークションでお迎えした、

ホワイト肌の75番ヘッドの少年ドールでしたが、

あまり感情移入をすることが出来なくて、

その代役として限定子のSDルドのヘッドを、スカウトすることにしました。

例によって、私は17少年ボディを持っていないため、

ホワイト肌のSDGr少年ボディと合体させました。

名前も3代目の「裕鵺くん」とすることで、みんなの意見は一致。

里子に出された75番ヘッドさんには、気の毒なことをしたと思います。

ですが、うちでは少年ドールの絶対数が少ないので、

どうしても少数精鋭でなければならないのです。

その点、ルド君は度胸満点なので、みんなの信頼を受けました。

どっちにしても、うちでお迎えをする最後の少年ドールになりそうなので、

これを縁と思って、大切に接していこうと思っています。

DSC00185
DSC00186
DSC00187
DSC00188
DSC00189
DSC00190
DSC00191
DSC00192
DSC00193
DSC00194
DSC00195
DSC00196
DSC00198
DSC00199
DSC00200
DSC00201
DSC00202
DSC00204
DSC00205
DSC00206

α7CR・FE 135mm F1.8・スーパードルフィー・SDルド・美白SDGr少年ボディ(裕鵺くん)

潤鵺くんはSD65番ヘッドの普通肌の男の子です。

ワンオフのCieraさんメイクの子になります。

これはお迎えする前からわかっていたことなのですが、

警備員には不向きな子です。

責任感とかもありませんし、度胸もない子です。

ちょっと「お荷物」になっています。

ですが、私が個人的に好意を持っているので、

なんとか他の男の子たちと仲良くやっています。

私は「ヘタレ」の少年ドールには甘いのです。

416A5040
416A5041
416A5042
416A5043
416A5044
416A5045
416A5046
416A5047
416A5048
416A5049
416A5050
416A5051
416A5052
416A5053
416A5054
416A5055
416A5056
416A5059
416A5060
416A5062
416A5063
416A5064

EOS R5・RF 70-200mmm F2.8・スーパードルフィー・SD65番ヘッド・SDGr少年ボディ(潤鵺くん)

私は若い頃、クラシック音楽が大好きで、

たいていの曲は聴いています。

バレエ音楽もけっこう好きでした。

特にチャイコフスキーは詳しい方です。

でも、クラリスさんが着ているドレスから連想されるのは、

やっぱりストラビンスキーでしょう。

中でも「春の祭典」はとても華やかで生命感に溢れた名曲です。

クラリスさんは人間に生まれていたら、

バレリーナになっていたかもしれませんね。

416A5588
416A5590
416A5591
416A5592
416A5593
416A5594
416A5595
416A5596
416A5597
416A5598
416A5599
416A5600
416A5601
416A5602
416A5603
416A5604
416A5605
416A5606
416A5607
416A5608
416A5609
416A5610
416A5611

EOS R5・RF 70-200mmm F2.8・スーパードルフィー・SDアリス・美白SDGr少女ボディ(クラリスさん)

今日はあまり嬉しくない私の誕生日です。

また1つ、歳をとってしまいました。

これはアリスさんを始めとするドールさんたちにも、

当てはまることです。

時計の針を止めないことには、解決しない問題です。

歳をとることは、嫌なこと、辛いことですけど、

せっかく生きているのですから、

せめて充実をした濃密な時間を過ごしたいものです。

実年齢とは別に。

165A3004
165A3005
165A3006
165A3007
165A3008
165A3009
165A3010
165A3011
165A3012
165A3015
165A3016
165A3017
165A3018
165A3019
165A3020
165A3021
165A3022
165A3023
165A3022
165A3023
165A3024
165A3027
165A3028
165A3029
165A3030

EOS R5・RF 70-200mmm F2.8・スーパードルフィー・SDアリス・美白SDGr少女ボディ(アリスさん)

うちの新人さんです。

「懐記」と書いて「なつき」と読ませます。

私が語る「懐かしい記憶」を聞いてもらおうと思い、

不本意ながら、こういう御都合主義的で難解な名前を付けました。


手薄なSD少女ボディの子たちを強化する意味で、

お迎えした子でもあります。

もちろんホワイト肌です。

たまたまオークションを覗いていたら、

ワンオフの子がいたので、私の誕生日プレゼントとして、

お迎えしました。

きっと縁があったのでしょう。

この子には、色々と私の方から語りかけています。


初めて写真を撮ったのは、

お迎えから2~3日を過ごしてからです。

私も懐記さんも、なぜか緊張してしまい、

表情の硬い写真ばかりで、とても及第点とは言えないのですが、

後半に撮った分は表情もほぐれてきて、

なんとか人前に出せるような写真になりました。

この子は「苦手なグループ」の新人さんになるのかも?

いずれ、再チャレンジをして雪辱をしたいと思っています。

DSC00130
DSC00131
DSC00132
DSC00133
DSC00134
DSC00135
DSC00136
DSC00137
DSC00138
DSC00139
DSC00143
DSC00144
DSC00145
DSC00146
DSC00147
DSC00148
DSC00149
DSC00150
DSC00151
DSC00152
DSC00154
DSC00155
DSC00156

α7CR・FE 135mm F1.8・スーパードルフィー・SD95番ヘッド・美白SD少女ボディ(懐記さん)

このページのトップヘ